便秘の解消にどのように乳酸菌の効果があるか

乳酸菌の効果と言えば、ほとんどの人が便秘の解消を思い浮かべるでしょう。 便秘で実際に悩んでおり、便秘を改善するために、 興味を乳酸菌サプリに持っているような人も多くいるのではないでしょうか。 ここでは、便秘の解消にどのように乳酸菌の効果があるのかについてご紹介しましょう。

では、便秘に乳酸菌はどうして効果があるのでしょうか? まず、乳酸菌は、エサに体の中の糖分をして、酪酸や乳酸を生み出す特徴があります。 大腸の蠕動運動を、この酪酸や乳酸の成分は活発にします。 つまり、この蠕動運動はうねうねとミミズのように長い腸が動く作用のことですが、 活発にこの運動がなることによって、どんどん栄養素の吸収・消化の効率が良くなっていくのです。 また、便に含まれている水分量を乳酸菌はコントロールすることができます。

便に含まれている水分が多ければ下痢になり、少なければ便秘になりますが、 当然ですがちょうどいいのがベストです。 この便に含まれている水分をコントロールする作用が、乳酸菌にはあります。 便に含まれている水分は、80パーセントが理想であると言われています。 ほとんどの人は、かなりこの数値については意外に感じるでしょう。 80パーセントと言うと、下痢ではないかと思う人もいるかもしれません。

しかしながら、意外なほど便の水分量は多く、60パーセント以下が便秘の場合です。 60パーセントから80%までが標準で、下痢にこれ以上はなります。 下痢の場合は、ほとんど100パーセントに近い水分量になります。